印鑑を使うなら便利なダブルネーム印を通販で

仕事や暮らしの中で印鑑を使う機会は多いです。誰もがすでに印鑑をいくつか持っていることでしょう。しかし、用途に応じていくつも持ち歩く必要があると、面倒さを感じたり紛失の危険が生じたりします。それを防ぐ一つの方法として二つの印鑑が一つにまとまったダブルネーム印を使う方法があります。

その魅力や特徴についてみていきましょう。


複数の印鑑を持ち歩くのは大変

印鑑は様々な場面で使われます。仕事をしている方は特に、ちょっとした確認などで印鑑を使うことが多いでしょう。用途が異なれば別の印鑑が必要になることがあります。そのすべてを持ち歩き、必要なときに使えるようにしておくことは難しいものです。

紛失がないように管理することも大変ですし、常に持ち歩くことが難しくなれば、使いたいときに使えない問題が出てきてしまいます。そこで二つの印鑑が一つになったタイプのダブルネームのものを用意し、使うことがおすすめです。

一つ持ち歩けばよいので忘れにくいですし、常に利用しやすくなります。印鑑の買い替えや追加を検討している方は、ぜひこの点を考えて選んでみましょう。

複数のものを使いたい場面は多い

仕事をしていると多くの書類に印鑑を押すことになります。その際に、大きさの違う印鑑が必要になることも多いです。通常の大きさのもののほかに、訂正印に使う小ぶりなものも必要になるため、まずその二つのサイズの印鑑をそろえることになります。

訂正印として使わなくても、小さなスペースに押すときに小さな印鑑があると使いやすいこともあるので、すでに備えている方も多いのではないでしょうか。それぞれのものを個別に準備するのが大変なときに、二つのサイズが一つになっていると使いやすくなります。

また、日常的に使うのはスタンプ印が手軽で使いやすくても、スタンプ印では認められない書類などを扱う場面が多い方にとっては別途正式な印鑑を持ち歩く必要が出てきて、管理が大変になってしまいます。忘れてしまって肝心なときに使えないのでは意味がありません。

スタンプ印が二つ付いたダブルネームの物だけではなく、認印などに使えるタイプのものとスタンプ印が一つになった商品も出ています。どの様な印鑑が必要になるかを考えて、適したものを選んでいくようにしましょう。


スタンプ印が二つあると便利

特にサイズ違いで必要ないと考えている方も、実はスタンプ印が二つあると便利なこともあります。スタンプ印の場合にはインクが内蔵されているので手軽に使えますが、使用回数が増えてくるとインク切れを起こすことがあります。

インク交換ができる商品もありますが、交換できるインクが手元になければ今すぐ押したいのに使えないことになってしまうのです。そのようなときに二つ印鑑があれば、もう片方を使うことができ、インクの補充が済むまでカバーすることもできます。

仕事の現場などでは急いで印鑑を押したい場面も多くなるので、このように予備を用意しておくことでスムーズに仕事を進める役に立つのです。

専用商品ならコンパクトに持ち歩ける

単に二つのハンコを持ち歩いたり、ケースなどを利用して持ち歩こうとすると、かさばってしまうことがあります。移動しながら使う場合などには向いていないでしょう。その点、ダブルネーム印であれば二つの印鑑をコンパクトにまとめてありますから、持ち歩きもしやすくなります。

ペンのように胸ポケットに差して常に持ち歩き、利用することができるのです。これなら忘れ物もしづらくなります。ストラップなどを通せるものなら、さらに紛失の危険を減らすこともできるでしょう。持ち歩くことが多い方ほど大きなメリットを感じるはずです。

下の名前が必要な場面にも対応

同じ職場に同じ姓の方がいると、その識別が必要になることがあるものです。そのような場合に、ダブルネームの印であれば片方にフルネームを入れたものを、もう片方は姓だけの形で配置すると、状況に応じて適した方を使用することができます。

個人を識別できるようにしたいときには名前入りのものを、名前部分が必要ない場面では姓だけの方を使うと良いでしょう。名前まで伝えてしまうことで問題が起きたり、ほかの人と揃えた姓だけの印を押したかったりといったニーズに対応しやすくなるのです。

使い道によっては片方は名前だけの物なども作っておくと、家族内での識別などにも使いやすくなります。蔵書印などに押してみるのもよいかもしれません。

お洒落な見た目のものも増えている

ダブルネーム印というと、種類が少なくデザインを選びにくいと思いがちですが、最近は様々なデザインのものが出てきていて、自分好みのものを選びやすくなってきています。外装の色や形は、使用する上で大きなポイントになってきます。

毎日使い、目にするアイテムが好きな色だと自分の気持ちも上がりますし、使う際人目に付いたときにも相手に与える印象に影響してきます。プラスチック製のものは色展開が豊富で軽く使いやすいですし、金属製のものは耐久性と高級感の点から優れています。

メーカーによっても見た目が異なるものがありますから、多くのメーカーのものを見てみるのが良いでしょう。選ぶ際にはどの様なシーンで使うことが多いかを考えて選んでいくのがおすすめです。

通販ができるから手に入れやすい

ダブルネーム印が欲しいけれど、近くのお店で見かけたことがないと感じている方も多いのではないでしょうか。

そのため購入するのが難しいのでは、と考えがちですが、最近は通販ができるので特に問題なく手に入れることができるでしょう。入れる文字や位置の指定などについては注文時にしっかり確認しましょう。

印面が二つあるので間違えないように注文することが大切です。特に入れる文字がそれぞれ異なる場合には間違えやすいので注意が必要です。また、注文してそれから作る形になるので時間がかかることがあります。すぐに使いたくてもすぐ手にできないこともあるので、必要になる時期に届くように、余裕をもって注文しておくことをお勧めします。

印鑑の使い方が多様な方に向いている

普段それほど印鑑を使う場面が多くない方なら単独の印鑑でもよいですが、たくさん使う方や使い方が幅広い方などは、上下に別の印鑑が付いたダブルネームのものが一つあると便利に使えます。

近くのお店で扱っていなくても、通販などでも手に入りますから、今後印鑑を使う機会が増えそうな方などは早めに作って準備しておくのがおすすめです。