ローマ字の印鑑も!?通販でかんたん購入

印鑑登録や、銀行口座を開設する場合には当然、印鑑が必要となります。外国人の方もそれは一緒です。しかし、ローマ字に対応していないはんこ専門店が多いのも事実です。対応しているお店を探して歩き回るよりも、通販で依頼した方が早く確実に購入することができますよ。

ここではローマ字の印鑑の特徴や、通販で購入する時の注意点について紹介します。

外国人にとっては不便!?日本のはんこ文化

日本に住んでいると当然のように受け入れがちですが、世界的に見ればはんこ文化は少数派です。海外ではサインが当たり前とされているので、日本にやってきた外国人にとっては不便に感じることも多々あるそうです。サインをすれば手続きが可能だった外国人から見れば、はんこを忘れただけで手続きができないのが当たり前という日本の文化は受け入れがたいと感じることが多いでしょう。

しかし、日本で長く生活する上では印鑑は必須。ローマ字やカタカナでの印鑑作成を余儀なくされます。

きちんと条件を満たさなければ印鑑登録ができない!?

中長期のビザを持っている外国人や特別永住者は、日本人と同様に住民票が作成されます。住民票をもとに印鑑登録を行うことができるので、市区町村の窓口で個人の印鑑登録証明書を発行してもらえます。観光などの短期滞在ビザでは住民票は作成されないため、印鑑登録を行うことはできません。

住民票に記載されている氏名の他、「省略のない氏名」「苗字のみ」「名前のみ」のいずれかの名前で印鑑を作成することができます。ミドルネームのみの印鑑は認められていないので注意しましょう。また、名前のイニシャルのみの印鑑も登録してもらえません。

さらに、登録できる印鑑は1人1つだけです。そのため、外国人の場合にはローマ字またはカタカナのいずれかの表記を選ぶ必要があります。

カタカナでの印鑑登録を希望する場合には、住民票の備考欄に氏名のカタカナ読みを登録する必要があります。印鑑を作り終えてから印鑑登録を断られてしまっては後の祭りです。どちらにしても住民票の記載内容次第になるので、印鑑を作成する前に役所に確認した方が安心といえるでしょう。

印鑑に彫る名前が決まったらまずは問い合わせ!

ミドルネームのみ、イニシャルのみの印鑑のほか、住民票に記載されている氏名以外の当て字の漢字や、苗字または名前の一部を組み合わせて刻印したものも印鑑登録はできません。その他、文字が白抜きになる彫刻や枠がないもの、枠が3分の1以上欠けているもの、印影が不鮮明なものなども却下されます。

もちろんシャチハタは登録できません。印鑑登録できる名称を役所で確認した後は、自分の名前をローマ字で彫れるかどうか、印鑑登録が可能な印鑑を作れるかどうかをショップに確認してみましょう。通販の場合はメールや電話でかんたんに問い合わせることができます。

はんこ専門店の知識量は、実店舗と通販に大きな違いはありません。通販でも問い合わせにしっかりと対応してもらえるので安心して利用することができますよ。

外国人の名前のローマ字は要注意!?文字数の確認を!

印面の面積は限られています。どれだけ小さく彫っても、彫ることが出来る文字数には限度があります。ローマ字対応可能な店舗であっても、「ローマ字の印鑑なら○文字以内」等と規定があるケースも多いでしょう。

オプションで「○文字以上なら1文字○円で追加可能」と謳っている場合もありますが、あまりに小さすぎると判読できなくなってしまうこともあります。

文字数は必ず確認し、可能かどうかお店にまず確認しましょう。あまりにも名前のスペルが長く、どうしても彫ることが出来ないという場合には、カタカナ表記の印鑑に変えてみるというのも一つの方法です。日本で生活する上で印鑑は必須ですから、どちらかで問題なく作れるのであればどちらでも良いでしょう。

もしもどちらも文字数が小さくなってしまいどうしようもないという時は、役所へ相談してみることをおすすめします。

ローマ字の印鑑の書体は?

漢字の印鑑の場合は、実印には解読性が低く、偽造のされにくい複雑な書体が選ばれることが一般的です。だからといって、ローマ字の印鑑を漢字の印鑑と同じように扱ってはいけません。なぜなら漢字よりもよほど細かく繊細であるがゆえに、複雑な書体であればあるほど印影がはっきりしなくなってしまい、捺印された文字を読み取れなくなってしまうからです。

ローマ字の印鑑では「古印体」が特に人気といわれています。人気の理由は、読みやすくて馴染みのある文字であることです。ローマ字の捺印もシンプルで読みやすいので、特にこだわりがない場合や、書体に何を選んだらいいか分からないという場合には「古印体」を選んでみるのもおすすめです。

日本人でも作る人がいる!ローマ字の印鑑

たとえば「斎藤」という苗字を「SAITOH」、「庄司」という苗字を「SYOJI」というスペルで作ることができます。遊び心があり、一般的な漢字の印鑑とは違ってオシャレな印象を受けますよね。日本人であってもこのように、ローマ字の印鑑を作ることは可能なのです。

苗字だけではなく、名前のアルファベットも素敵です。

「太郎」を「TAROH」としたスペルの印鑑はとてもスタイリッシュです。特に女性の場合には、結婚して苗字が変わっても名前が変わることがないため、名前の印鑑を作る人が多いといわれています。もし苗字が変わることがあっても、印鑑を作り直す必要がありません。

ローマ字の印鑑の購入先は?

ローマ字の印鑑を作成・購入するなら、通販がおすすめです。その理由は、何と言ってもスマートフォン1台で手続きできるというお手軽さです。ローマ字の印鑑は少し特殊であり、実店舗でも文字数によっては断られてしまう場合もあります。

そこからまた違う店舗に足を伸ばして、というのを何度も繰り返していたら疲れてしまいますよね。通販で購入するなら、複数の店舗にローマ字の印鑑作成について問い合わせのメールを送り、対応可能で、かつ感じの良いお店を選ぶだけでいいのです。

実際の商品を見ないまま購入することに不安を覚える人もいるかもしれません。そんな時は、インターネットで同じ商品を購入した人の口コミを探してみたり、実際の店舗で同じ材質のものを見てみたりしてはいかがでしょうか。

きっとイメージが湧いてくるでしょう。

通販なら最短翌日配達などを特徴としている店舗が多いのも特徴です。急いでいてもすぐに手に入れることができます。

ローマ字の印鑑は通販で

ローマ字の印鑑を作成する時は、印鑑証明や実印として使用できるかどうかという点を考慮する必要があります。事前に住民票に記載されている内容を確認しておきましょう。ローマ字の印鑑作成に対応していない店舗もあるので、実店舗を何件も回るより通販のほうが手っ取り早くて簡単といえます。

手間を省いて最高の印鑑を手に入れてくださいね。