通販で購入できる!安心保証付きの印鑑

印鑑は実店舗でなくても、通販で購入することが可能です。しかし、印鑑を通販で購入するのは少し抵抗があるという人は少なくありません。なんとなく通販での勝手が分からないから実店舗で買うという人も多いかもしれませんが、実店舗が身近にない時には、通販を利用した方が便利です。

ここでは実店舗と通販の違いや、保証の特徴について紹介します。

実店舗での購入のメリットは?

実店舗での購入とは、街中にあるはんこ専門店などの店舗で印鑑を購入することです。実際のお店で手にとって確認できるのが大きなポイントです。これは通販にはない、実店舗ならではの最大のメリットでもあります。インターネットでは分からない手触りや手のひらへの収まり具合、重厚感などを肌で感じることができます。

間近でじっくり見ることもできるので、「材質が思ったのと違った」というトラブルは、まずないといえます。水牛の角や水晶、琥珀などの特殊な素材を使用した印鑑も数多く存在します。特殊な素材だからこそイメージしにくいため、購入する前に実際に触ってみたいと思ったら実店舗で確認する他ありません。

また、スタッフと直接話すことができるというのも実店舗でのメリットといえるでしょう。材質の違いやサイズごとの違い、おすすめなど、ネットの情報を読むのではなく、スタッフから直接教えてほしいという人もいます。

スタッフから直接説明を聞いて、納得して購入することで安心感を得られます。印鑑は、一生に一度の買い物といっても過言ではありません。そのため、「納得して購入したい」「失敗したくない」という思いが強い人は実店舗で購入するケースが多いでしょう。

実店舗での購入のデメリットは?

実店舗での購入は、価格が高めであることが一般的です。同じ材質のものであっても、ネット購入と比較すると、その差は数千円に上ることもあります。店舗の維持費となる賃料や光熱費、設備費、人件費が主な理由です。人通りの多いところへ構えている店舗ほど賃料は高く、その分光熱日も発生します。

実店舗では、ディスプレイなどによる印鑑の見せ方が売上を左右するため、印鑑の見栄えが良くなるように間接照明や部分照明、販促用のPOPなどを用意する必要があります。また、来客時に印鑑についてしっかりと説明できるよう、専門知識のあるスタッフを数名店に置いておく必要があります。

こうした様々な店舗の維持費により、印鑑の金額が上がってしまいがちです。材質やサービス内容はインターネットと全く同じなのに、価格が数千円も異なる、といったこともザラに起こり得るのです。

通販での購入のメリットは?

通販での購入とは、インターネットを通じて印鑑に記載する名前などを入力し、非対面で購入することです。

通販での最大のメリットは低価格で高品質の印鑑を手に入れることができるという点です。ネットショップを維持するにも、レンタルサーバ、ドメイン、決済手数料などの維持費は必要となりますが、実店舗に比べ、圧倒的に安いのが特徴的です。

月々の維持費を安く抑えることができるため、通販では実店舗のような店舗の維持費は不要となります。結果的に、最低限の価格に抑えることができるのです。通販で購入する印鑑は低品質だという憶測も流れていますが、それはあくまで憶測に過ぎません。

実店舗と比較して価格が安いことから、そのように誤解している人が多いのでしょう。水牛の角や水晶、琥珀などの特殊な素材や高級素材を使用した印鑑ほど、実店舗との価格差が大きくなる傾向があるといわれています。また、通販での購入のメリットの一つに「速さ」があります。

意外かもしれませんが、実店舗よりも手元に届くのが速いことが多いのです。注文した翌日に手元に届くという驚異のスピード感も通販購入の人気の一つです。

通販での購入のデメリットは?

店舗での購入とは違い、自分で見て触って確かめることができないのが通販でのデメリットといえます。しかし、近年はそのデメリットも大きく軽減されるようになりました。印鑑を握って捺印する一連の動きを撮った動画をアップしたり、名前を入力するだけで印影プレビューを確認したりすることができるのです。

印鑑の写真だけではなく、そうした具体的な確認ができることにより、「直接見ることができない」という不安は解消されつつあります。また、印鑑での購入を考えている時、はんこ専門店を見かけたら立ち寄ってみるのもおすすめです。

その場ですぐに購入をしなくても、自分の好みの材質を把握することや、気になっていた材質の感触を確かめることができるかもしれません。

印鑑の保証とは?

実店舗でも通販でも同様に、印鑑購入時には「○年間の保証付き」と謳っている店舗が多いでしょう。印鑑は一生使えるものですが、何年も使っているうちに摩耗してしまい、捺印ができなくなってしまった場合などに備えて彫り直しのサービスがあるのです。

中には印鑑本体の破損に対応している保証もありますが、大半は印面のみの保証とされています。印鑑部分を削って、一度平にした上で再彫刻されることが多いでしょう。そのため、通常彫り直しを行ったときは元の印鑑より数ミリ短くなります。

しかし数ミリ程度であれば、手にした感覚にはあまり違いがありません。また、再彫刻が不可能と判断した場合は保証の対象外という規定がある場合もあります。実店舗ではスタッフが丁寧に保証内容を説明してくれることが多いでしょう。

しかし、通販でも同等の保証がついているケースがほとんどです。

サイト上に記載されているので、購入前に必ず保証内容について確認しておくことをおすすめします。彫り直しを依頼する時の流れが記載されている場合には、万一に備えてきちんと目を通しておくと安心です。

通販でも保証はある!

通販には保証がないと誤解されていることもありますが、「実店舗だから保証が厚かった」「通販だから保証がなかった」というようなことはありません。中には通販ならではの長期間保証を宣言する店舗もあり、そうした保証内容は逆にメリットがあるといえます。

保証年数や保証内容は実店舗、通販を問わず、店舗によって様々です。購入しようとしている店舗の保証内容がどのようなものか、あらかじめ確認しておきましょう。

自分に合った方法で印鑑を購入しよう

印鑑の購入は実店舗でも通販でも可能です。安心感を得られる実店舗、安さを求めて通販、どちらも良いでしょう。実店舗で材質を確認してから通販で購入すれば、いいとこ取りができてお得です。さらに通販ならではの長期間保証のお店を選ぶことで、長い目で見て安心を手に入れることができます。

一生ものの印鑑ですから、自分が納得できる購入方法を検討してみてくださいね。