印鑑や名刺も通販で簡単に手に入る!購入する時に知っておきたいポイントはある?

印鑑や名刺を作りたいけれど、お店に買いに行っている暇がないという時もあるかもしれません。そういう時に便利なのがネット通販です。パソコンやスマホからササッと注文できるので時間も手間もかかりません。しかし、中には通販で注文するのは少し不安という人もいるでしょう。

今回は通販を利用して印鑑や名刺を作る時に、知っておきたいポイントを紹介します。

通販で名刺を作る前に用紙の違いを知っておこう!

名刺にはいくつか種類があるので、理想の名刺を作るためにはそれぞれの違いを理解しておく必要があります。名刺でよく使われるのが、「上質紙」「光沢紙」「マット紙」「特殊紙」の4つです。上質紙はパルプをそのまま原料として作られた用紙で、ハガキにも使用されています。

光沢紙は上質紙と同じバルブが原料に使われていますが、表面がコーティングされています。光沢があり見栄えが良く、印刷した時にインクが染み込みにくいので発色も鮮やかに仕上がります。名刺に顔写真などを印刷することもありますよね。

そういう時は、普通の上質紙よりも光沢紙を使ったほうが綺麗な仕上がりになるでしょう。マット紙はつや消しのコーティングが施された用紙で、さらっとした手触りになっています。光沢紙のようなインクを弾くコーティングではないので、程よく色が染み込み落ち着いた仕上がりになるのが特徴です。

和紙や合成樹脂など、バルブ以外のものを原料に使っている用紙を特殊紙と呼びます。凹凸があるものや鏡のようなコーティングがされているもの、水に強い素材を使ったものなど種類が豊富です。どの用紙を使うかで仕上がりも大きく変わるので、通販で名刺を作る時は希望する用紙に対応しているかをチェックしておきましょう。

名刺の厚さで扱いやすさや印象も大きく変わる

オリジナル名刺を作成できる通販では、どのくらいの厚さの用紙を使って名刺を作るか選ぶことができます。厚さによって名刺の印象も大きく変わるので、サイズ選びが重要になります。厚手の名刺は耐久性が高いのがメリットです。

名刺入れに入れた時にも折り目がつきにくく、傷にも強いので長期保存がしやすくなります。また、高級感があり、名刺を渡した相手に信頼感を与える効果もあると言われています。しかし、あまりに厚い名刺は保存する時にかさばってしまうのがデメリットです。

薄い名刺は、かさばらずに保管できるというメリットがあります。受け取った相手も保管がしやすいので、たくさん名刺を保存している人には喜ばれるでしょう。また、薄い名刺はスタイリッシュなデザインによく合います。

ただし、デザインを間違えると安っぽい印象を与えてしまうこともあるので注意が必要です。名刺の厚さは主に「連量」で表し「kg」で表記されるのが一般的です。これは、四六判など仕上がり時のサイズで原紙を1000枚重ねた時の重さを表します。

135kg程度は薄手のタイプ、180kgを超えるものが厚手のタイプと覚えておきましょう。

通販で印鑑を購入する時は素材に注目することも大切!

印鑑には様々な種類があり、それぞれ使われている素材も変わります。素材によって価格はもちろん、品質も変わってくるのでどの素材を選ぶかが重要です。コストパフォーマンスに優れているということで人気なのが柘です。

価格が安いので、費用を少しでも抑えたいという人に向いています。薩摩本柘は、比較的安い素材にも関わらず耐久性に優れています。はっきりとした木目も特徴で、美しい仕上がりになります。特に女性に人気なのが琥珀です。

透明感があり宝石のような見た目をしています。希少性があり価格も高めですが、一生物の印鑑を探している人にはぴったりです。黒水牛も印鑑の素材として人気があります。その名の通り黒水牛の角が原料で、重厚感のある見た目をしています。

素材をそのまま使ったナチュラルなものと、色付けされているものがあります。耐久性の高さを求める人におすすめなのがチタンです。金属ならではの高い耐久性を誇り、傷だけではなく熱にも強いのがメリットです。チタンには安価なブラストチタンと、より耐久性と耐熱性に優れたブラックチタンがあります。

他にも高級素材として知られる象牙、アクリル樹脂を使用したパールグラスなど、印鑑に使用される素材は様々です。それぞれの特徴を把握し、用途に合わせて選ぶようにしてください。

通販サイトを選ぶ時はテンプレートが充実しているかをチェック!

名刺や印鑑を通販で購入する時、まずはデザインを決める必要があります。デザインを得意としている人ならよいですが、デザインが苦手で自分ではうまく考えられないという人もいますよね。そういう人は、デザインのテンプレートが豊富に用意されている通販サイトを利用するようにしましょう。

テンプレートというのはデザインのひな形です。文字を入れる場所などが予め決められているので、文字を入力するだけで簡単にデザインできます。テンプレートが豊富に用意されていれば、自分の理想に近いデザインを選ぶだけで済むのでかなり楽です。

もちろん、色を変えたりフォントを選んだりもできるので、オリジナリティーを出すこともできます。

保証がついているかもチェック!

保証がついているかも、通販サイトを選ぶ時の重要なチェックポイントです。印鑑は素材によってかなり高額になる場合があります。高いお金を払ったのに、すぐに使い物にならなくなったらショックですよね。特に通販で購入する場合は、実店舗のように実物を見ることができないので、品質に不安を感じることもあるでしょう。

通販サイトによっては、10年保証がつけられているようなところもあります。保証がついていれば万が一の時も安心です。

急いでいるなら発送スピードにも注目!

通販サイトによって、注文してから名刺や印鑑が手元に届くまでのスピードが変わります。名刺や印鑑はすぐに使いたいというケースもあると思うので、注文したら少しでも早く手元に届いて欲しいですよね。通販サイトの中には、最短で即日出荷してくれるところもあります。

早ければ注文してから1日から2日程度で手元に届くので、急いでいる時も安心です。最短即日出荷可能となっているサイトでも、注文時間によっては翌日扱いになってしまうこともあるので、何時までの注文が当日扱いになるかを事前にチェックしておきましょう。

印鑑や名刺が欲しい人は便利な通販サイトを利用しよう!

通販サイトは、ネットから簡単に注文できるので便利ですよね。印鑑や名刺の作成に対応した通販サイトもたくさんあります。店舗に出向く必要もないので、手軽に印鑑や名刺を作りたい人は積極的に利用しましょう。ただし、実物を見ることができないので店舗選びには拘る必要があります。

どんな素材を取り扱っているか、保障はついているかなどをチェックして、信用できる通販サイトを探してみてください。