個人事業主用の印鑑は通販で購入するのがおすすめ

個人事業主になるためにはさまざまな準備が必要ですあり、忘れてはならないものの1つに印鑑の作成があります。とはいえ個人事業主に必要となる印鑑の種類は多く、「何をどこで買えばいいのか分からない」と悩むこともあるかもしれません。

印鑑を購入するのなら通販がおすすめです。というのは、通販には多くのメリットがあるからです。この記事では印鑑に関する基礎知識や、通販をおすすめする理由などについてご紹介します。

印鑑に関する基礎知識

印鑑とはいわゆるハンコのことであり、印章や印判と呼ばれる場合もあります。印鑑を実際に押したときに、文書などに残る跡のことを印影といいます。日本では印鑑を押す習慣が根強く残っており、印鑑の必要性も高いままです。

特にビジネスの現場においては、印鑑は必要不可欠な存在となっています。印鑑の種類ですが、主なものとしては「認印」や「実印」、「銀行印」や「訂正印」などが挙げられます。認印とは個人の名前が掘られた印鑑で、いろいろな場面で使用しますが、法的なものには適していません。

実印は印鑑登録が必要な印鑑であり、法的効力を有しています。銀行印は銀行用の印鑑です。また訂正印は記入ミスを訂正する際に使います。これらの印鑑は用途に合わせて使い分けるのが肝心です。シャチハタのようなスタンプ式のものもありますが、使える場面は限られるので注意が必要です。

印鑑は、他の文字などと重ならないように押すのが基本です。重なってしまうと、印鑑の照合がうまくいかない可能性が生じます。押し間違えたときにはボールペンなどでバツ印などをつけ、その隣に押し直します。ただし見栄えがよくないので、間違えないように最初から慎重に押印するのが大事です。

朱肉をつけ過ぎると印影がにじんだり、書類を汚したりしてしまうことがあるので気をつけましょう。

個人事業主に必要な印鑑とは

個人事業主が使用する主な印鑑は、認印や実印、「屋号印」や銀行印、そして「角印」や「住所印」などです。また訂正印やシャチハタなども用意しておくとよいでしょう。

屋号印とは屋号の入った印鑑です。法人には「会社実印」という実印がありますが、個人事業主にはありません。屋号印には会社実印のような効力はないものの、押すことで相手に対する信頼感や、安心感を高める効果が期待できます。

個人事業主として独立する場合、個人用の口座とは別の事業用銀行口座を開設するのが肝心です。というのは、分けておかないと会計処理や税務処理に支障をきたす恐れがあるからです。また事業用口座とともに、専用の銀行印も作っておきましょう。

銀行印を新たに作るのは面倒ですし、管理が大変なので躊躇するかもしれません。しかし同じ印鑑を使うのは、セキュリティの面で不安が残ります。というのは事業用銀行印は使用する頻度が比較的多く、偽造されたり、紛失したりする可能性を無視できないからです。

自分の財産を守るためにも、銀行印は使い分けましょう。角印は見積書や請求書、領収書などに使用する印鑑です。屋号印は主に契約書に使い、角印は会計書類に使用するのが一般的な使い分け方法です。所在地や屋号、代表者の名前などが刻印されているのが住所印で、ほとんどの場合ゴム印が使用されています。

ここまで挙げたものが、全部必要不可欠だというわけではありません。屋号印や角印などは、個人用の認印で代用可能です。ではなぜわざわざ屋号印や角印を作るのかというと、屋号印や角印を使うことでいわゆる「ハク」をつけられるからです。

認印よりも屋号印や角印の方が相手にしっかりとした印象を与えやすい傾向があるので、積極的に活用するとよいでしょう。

個人事業主が印鑑を使う主な場面

個人事業主は、実にさまざまな場面で印鑑を使用します。開業時には開業届を出しますが、開業届には印鑑が必要です。開業届に押印するのは認印で十分です。実印や印鑑証明書は要求されません。安価な三文判でもかまいませんが、シャチハタのようなスタンプ式印鑑は不可なので注意しましょう。

銀行などから資金を借りる際には、実印を押印します。個人事業主には会社実印がないので、個人用の実印を使用します。契約書には主に、認印や屋号印のような丸印を押印します。見積書や請求書には角印がよいでしょう。

確定申告時には、申告書類に印鑑を押します。また青色事業承認申請書にも印鑑が必要となります。

印鑑はどこで手に入る?

印鑑は地元に店舗を構えたはんこ屋さんや、ネット通販で購入できます。また三文判は、100均ショップで手に入ることもあります。パソコンで使用可能な電子印鑑は、フリーソフトでも作成可能です。これらにはそれぞれ特徴があり、メリットとデメリットも異なりますが、おすすめなのはネット通販です。

印鑑は通販で購入するのがおすすめな理由

通販をおすすめする主な理由は、「いつでもどこでも注文できる」ことや「自宅に届く」こと、そして「印影を確認できる」ことや「キャンペーンなどがお得」であることなどです。はんこ屋さんや100均ショップのような実店舗には、営業時間という制限があります。

また店によっては、定休日も考慮しなければなりません。その点通販は異なります。通販は基本的に24時間営業であり、思い立ったそのときに注文が可能です。

定休日なしの365日営業という通販も多く、年末や大型連休時にも利用できます。ネット環境さえあれば、いつでもどこからでも注文できるのが通販の大きなメリットです。仕事上、新たな印鑑が急に必要になることもあるでしょう。

通販ならそういった場合にも安心です。

電話番号やメールアドレスに変更があるときには通販を利用し、最新情報を盛り込んだゴム印に変更しておくと役に立ちます。また通販なら、注文した印鑑が自宅や事務所に届きます。わざわざ取りに行く必要がありません。

忙しいときなどには特に、通販のこのメリットは助かります。ただしどうしても今すぐ印鑑が必要な場合には、実店舗の方が有利なこともあるかもしれません。状況に応じて、通販と実店舗を使い分けるのが賢明です。ネット通販の特徴の1つに、いろいろな種類の印影のなかから選ぶことができる、というものがあります。

通販によっては、入力した文字を即座に印影に反映し、表示してくれるところも存在します。そういったショップならば、実際の見栄えを確認できるので安心です。またネット通販を展開する業者は増えており、差別化のため独自のキャンペーンを推し進めているショップも珍しくありません。

そのようなキャンペーンを利用することで、お得に購入できるのも通販のメリットです。

急を要するときには積極的に通販を利用しよう!

地元のはんこ屋さんを利用するメリットも、もちろんあります。地域密着型の個人事業主の場合には特に、実店舗とのつながりを重視することもあるでしょう。とはいえ通販には、紹介したようなメリットがあることも事実です。

忙しくてなかなか実店舗にはいけない人や、近くに店舗がない個人事業主にとって通販は力強い味方です。急を要するようなときなどは、通販を積極的に利用するとよいでしょう。