印鑑の通販と八方体で彫られた印鑑

郵便物の受け取りをはじめ、書類の捺印など、日常生活をはじめとして、ビジネスでもよく使う印鑑は、非常に重要な存在です。印鑑を正しく使い分けることが、財産を守るためにも必要となります。印鑑を作成する際には、印鑑の種類のほか書体や形、素材に関する知識を有していることが必要となります。

印鑑作成に必要な情報を紹介するので参考にしてください。

印鑑の種類①実印

印鑑と一口に言っても様々な種類があり、用途によって種類分けをすると、大きく3つに分けることができます。そのひとつが実印です。実印とは、最も価値が重い印鑑といってもよいもので、個人ならば土地や建物などの高額なものの購入をする際や公文書の作成などに使用することが基本です。

法人の場合は、会社設立時の書類やローン契約の書類などで使用することになるでしょう。ただ作成すればそのまま実印として使用することができるわけではありません。自治体に印鑑登録を行う必要があります。

印鑑の種類②銀行印

銀行印は、銀行などの金融機関との取引の際に使用する印鑑のことです。銀行口座の開設に始まり、登録内容の変更、預金の引き出しの際に使用することになります。また、証券や保険を購入する際にも使用することになるので、おろそかにすることができない印鑑です。

銀行印も、実印と同様に、ただ作成すればよいというものではありません。銀行印は取引を行う金融機関において登録することで、初めて銀行印として活躍することになります。

印鑑の種類③認印

実印や銀行印は、使用するシーンが限定されているもので、頻繁に使うものではありません。この二つの印鑑とは異なり、日常的に使用する印鑑としては認印があげられます。認印とは、宅配便の受け取りや簡単な契約書、学校からの書類などに使用することが多く、最も使用頻度が高い印鑑といえるでしょう。

実印や銀行印とは異なり、どこかに登録する必要はありません。印鑑を作成すれば、すぐに使用することができます。ホームセンターなどで購入することもできる印鑑です。

印鑑の作成方法

印鑑を手に入れるためには、印鑑作成業者に依頼する必要があります。認印程度ならば、ホームセンターで購入したものを使用しても問題ありませんが、実印や銀行印となると専門業者に依頼するほうが良いでしょう。印鑑業者は大きく二種類に分けることができ、ひとつが実店舗を構えている業者で、もうひとつが通販で依頼を受ける業者です。

実店舗の業者で依頼すると、実物を見ながら素材やサイズを選ぶことができて、イメージ通りの印鑑を作成することができるというメリットがあります。

また、専門家に相談しながら相談できるので、用途に沿った適切な印鑑を作成することができるという点もメリットです。反対に、価格が高く、制作日数がかかるというデメリットもあります。通販で依頼するメリットは、素材が豊富にあるということです。

実店舗では展示する素材に限りがありますが、通販ではそのようなことがないので、豊富な種類の素材から選ぶことができます。また、価格も安く製作期間も短いです。反対に、実物を見ることができないので、イメージとは異なる印鑑が完成する可能性があるということがデメリットとなります。

通販利用の注意点

通販を利用するためには、いくつかの注意点があります。そのひとつが目的の印鑑を作成する技術や素材がそろっているのかを確認するということです。印鑑は、ただ文字を彫れば完成するというものではありません。印鑑の種類によっては、書体も素材にもこだわる必要があります。

それらの技術を備えているサイトに注文しなければ、質の良い印鑑を手に入れることはできないでしょう。また、高品質の印鑑を作成する制度があるかということです。通販だと、どうしてもイメージ通りにいかないことが多いので、購入決定の前にプレビューで確認することができる仕組みがあると安心できます。

このほか、評価や実績も加味してサイトを選べば、失敗しないでしょう。

印鑑の形

印鑑というと、円柱の形のものだけを想像する人が多いですが、実は様々な形があります。印鑑の持ち手部分の形状は、よく見られる円柱状の形状をしている寸胴と天辺から印面までの間にくびれがある丸天の二種類に分けることが可能です。

寸胴は一般的に普及しているもので、価格もやや安価、ケースも豊富にそろっています。一方で丸天は、法人用のイメージが強く、価格がやや高く、ケースよりもふたによって印面を守っていることが多いです。印面にも種類があり、ひとつが形状が丸い丸印、もうひとつが正方形に近い形をしている角印です。

このほか、長方楕円形をしている割印や先細りの持ち手に楕円形の印面を持つ訂正印などもあります。

印鑑の素材

電子印鑑をのぞいた実態のある印鑑では、様々な素材を使用して印鑑を作成します。実印も認印も、銀行印も、それぞれ大きさや素材が特別指定されているわけではありません。しかし、使用にあたって使いやすいサイズや素材というものがあるのも確かです。

素材は、見た目の良さや耐久性などから選ぶことが多いです。最も重要な印鑑である実印の場合は、高級感があるとともに、耐久性や捺印性の優れた素材を選ぶとよいでしょう。チタンやオノオレカンバなどがよく使われる素材です。

銀行印は、ある程度立派に見える素材であり、かつ使いやすい実用性のある素材が求められます。そのため、黒水牛や柘材などが使用されることが多いです。認印は、持ち歩くことも多いので、軽くて扱いやすい素材、かつリーズナブルであることが求められます。

認印は、高級感を追求することは少なく、各々の好みのデザインを入れることが多いです。キャラクターデザインのものやグラデーションなどの華やかなものも多くあります。このことから、加工がしやすい樹脂やプラスチックを使用することが多いです。

印鑑の書体①楷書・行書

印鑑に使用される書体は多種多様にあります。そのひとつが楷書であり、一画一画をしっかりと書く筆文字の書体です。日常的にもよく使用されている書体で、見やすいという特徴があります。認印で広く使用されている書体です。行書も比較的よく見る書体のひとつです。楷書よりも崩れており、書きやすいように簡略化されていることもあり、柔らかいイメージとなります、

印鑑の書体②篆書体

実印の書体として最も人気が高い書体が篆書体です。縦長の文字で、太さは一定、横線は水平で縦線は垂直で書かれます。現代文字と比べて多少形が変わることもあり、偽造がしにくいです。

印鑑の書体③吉相体

実印や銀行印でよく使われる書体として、吉相体があります。

吉相体は、印相体や八方体、八方篆書体とも呼ばれることがある書体です。印鑑の枠部分に文字が接することが特徴で、中心から外に向けて八方に広がるように見えます。

可読性が低いため、偽造も難しく、盗難の心配も少ないことから、人気が高い書体です。

印鑑の書体④古印体

認印でよく使用される書体のひとつとして、古印体というものがあります。墨溜まりや途切れがある雅な書体でありつつ、読みやすいことから人気が高いです。

印鑑の書体と通販購入

印鑑には様々な種類があり、その種類に合わせて使う書体も変わっていきます。楷書や行書をはじめとして、隷書体や八方体などがあり、複雑な形をしているものの方が、偽造されにくいというメリットがあるため、実印でよく使用されます。

印鑑を通販で購入する際には、目的の印鑑を作成することができるように、可能な書体や素材などを確かめてから依頼するとよいでしょう。